高校の同級生の訃報

つい先日のこと、高校の同級生の訃報が入った。その同級生とは同じクラスになったことはなく、印象も薄い。
でも、高校を卒業してから40年近く経ち、高校生時代に誰と誰が知り合いだったとか、親しかったなどということを記憶しているわけもないので、訃報を知った友人のひとりが、別の友人に連絡し、それが四方に広がるバケツリレーのように広がって、自分のところにも来たということだった。
そんなわけで亡くなった同級生には申し訳ないけれど、通夜や告別式に駆けつけるという考えはなく、いよいよこれから同世代の訃報に接することが増えてくるのかな、という妙に冷めたことを考えてしまった。
今までにも、数人の同級生が事故や病気で亡くなっているが、その時は、こんなに若いのに、とか、まだやりたいことがあったろうに、とか、亡くなった同級生の口惜しさに思いをはせていたけれど、人生の折り返し地点を過ぎると、働き盛りと言われる年齢であっても、終盤に近付いているわけで、これからはある程度の覚悟を持つことが必要だ、などと思ってしまう。
自分がいなくなった後、家族が路頭に迷わないように、準備をしなければ(今更いうのは遅いかも)とか、身の回りの整理をしておく必要があるな、とか、同級生の訃報でいろいろなことを考えてしまった。
通夜には参列しなかったけれど、弔電を一本打ったのだった。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>